季節の変わり目のコーデは気温で決めよう!

季節の変わり目は、暑くなったり、寒くなったりと気温の変化が激しいので、コーデに迷ってしまいます。
ファッションブログを参考にコーデするのも楽しいですが、天気予報の最高気温を参考にすると、失敗が少なくなります。

天気予報の最高気温が25度!汗ばむほど暑い日

一般的に25度以上は「夏日」と呼ばれるほど、暑さを感じます。吸湿性の高いTシャツや涼しげなレースのブラウスを取り入れたコーデがおすすめです。気温が高い時間帯が長いと肌の露出が多い服を選びたくなると思いますが、露出が多すぎると上品さがなくなってしまうので、素材やデザインで快適さを意識してコーデしましょう。

また、外が暑い時の室内は、エアコンを稼働していることが多いです。外と室内の温度差が大きいと体調に影響する可能性もありますので、暑い日でも薄手のカーディガンを持っておくと安心です。

天気予報の最高気温が20度!悩ましい季節の変わり目

天気予報の最高気温が20度!悩ましい季節の変わり目

季節の変わり目は、最高気温が20度くらいになることが多いです。これくらいの気温だと、暑くもなく寒くもないので、洋服のチョイスが難しいと感じるのではないでしょうか?

これくらいの気温の日におすすめなのは、長袖のカットソーをメインにしたコーデです。朝と晩の気温差が大きいという特徴もあるので、寒さを調整できるジャケットやカーディガンがあると便利です。

春には明るめの色のアウター、秋にはシックな色のアウターを選べば、季節感のあるコーデに仕上がります。

天気予報の最高気温が15度!肌寒い日には

天気予報の最高気温が15度!肌寒い日には

15度の気温となると、ファッション誌やファッションブログではコートを羽織るコーデも見られるようになり、寒さ対策をする方が増えます。これくらいの気温の場合は、ニットをメインとしたコーデがおすすめです。

昼間はニットだけでも過ごしやすいですが、夜になると気温が下がることもあるので、ストールやジャケットを用意しておくと安心です。ニットの他にも、薄手のカットソーにジャケットやブルゾンを羽織るなど、コーデのバリエーションは豊富にあります。

薄手のトップスを着る際は、ナイロンやレザーなどの風を通しにくい素材を使ったアウターを合わせると、寒さを感じにくくなるのでおすすめです。

天気予報の最高気温が10度!寒さを感じる気温

最高気温が10度まで下がると、コートが必須になります。ニットの上に薄めのトレンチコートを羽織るコーデがおすすめです。

天気が崩れたり風が吹いたりすると、より寒さを感じるので厚めのコートを用意すると安心です。また、ストールやスヌードといった小物を準備しておくのも良いでしょう。首や手首、足首が冷えると体温が下がりやすいので、ハイネックのトップスや厚手のタイツ、靴下などを使ったコーデもおすすめです。

毎日の最高気温を基準にコーデを決めると、急な気温の変化にもうまく対応できるようになります。ファッション通販FERANTRACINGでは、オールシーズンに対応できるアイテムをご用意しています。シンプルながらも、質とカッティング、シルエットにこだわったアイテムを揃えているので、おしゃれなコーデに仕上がりやすいです。FERANTRACINGのファッションブログもぜひ参考にしてください。

ファッションブログも参考になる通販

サイト名FERANTRACING
運営統括責任者黒岩潤伍
住所〒185-0032 東京都国分寺市日吉町2丁目25−20
TEL080-4076-6161
メールアドレスcontact@ferantracing.jp
URLhttps://ferantracing.jp/