おしゃれなカットソーアイテムを長持ちさせる方法!

誰でも持っているカットソー、いつのまにか毛羽立ちや毛玉ができてお困りではないですか?正しい選択方法・お手入れ方法を知れば、大切なカットソーを長持ちさせることができます。こちらではカットソーを洗濯する際のポイントとお手入れの方法についてご案内いたします。

カットソーを洗濯する際のポイント

スウェットを洗濯する際のポイント~良質な日本製レディース服の通販・FERANTRACING~

洗濯表示を確認する

まずはカットソーの洗濯表示のタグを確認しましょう。素材によっては家庭の洗濯機で洗うことができないものもありますので、その際はクリーニングサービスを利用してください。

事前処理

カットソーの袖口・首元・ポケット口などは汚れが付きやすいものです。目立つ汚れが付いている場合は、洗濯の前に汚れている箇所に直接洗剤をかけて、タオルで叩いておきましょう。このような事前処理をしておくことで、汚れの落ちが良くなります。

おしゃれ着用洗剤を使用する

カットソーはカジュアルな印象があるためか、普通の洗濯洗剤を使用されている方も多いでしょう。しかしスウェットは、おしゃれ着用の洗剤で洗うことをおすすめいたします。その理由は、スウェットはニットと同じように編み地でできているためです。

おしゃれ着洗剤で洗濯することで、カットソーの伸び縮みや毛玉が発生するリスクを減らすことができます。

ネットに入れる

カットソーは裏返し、洗濯ネットに入れて洗ってください。洗濯機の中で他の衣類と絡まって伸びてしまったり、摩擦による毛玉が発生したりするのを防ぐためです。

洗濯コース選びに注意する

「おしゃれ着コース」「ドライコース」など、水流の優しいコースで丁寧に洗うことをおすすめいたします。このことも、カットソーの伸び縮みや毛玉の発生を防ぐことに繋がります。

乾かすときのポイント

幅の合っていないハンガーなどを使うと跡がついてしまうことがあるため、型崩れを防ぐためには平置きで乾かすことをおすすめいたします。

カットソーのお手入れ方法

毛玉ができたら

カットソーに毛玉ができてしまったら、毛玉取り専用のブラシで取るようにしてください。ハサミなどで取ろうとすると、誤って大切なスウェットに穴を開けてしまうリスクがあるのでおすすめできません。

シミ汚れが付いたら

家庭で洗濯可能な素材であれば、できる限り早めにシミ抜きを行いましょう。

まずは、キッチン用の洗剤でシミが付いてしまった部分を揉み洗いします。家庭で付きやすい油汚れや水溶性の汚れであれば、キッチン用の洗剤で落とすことも可能です。この方法でシミ汚れが落ちれば、再度カットソーを洗濯機で洗えば解決です。

キッチン用の洗剤だけでシミ汚れが落ちない場合は、衣類用の酵素系漂白剤を綿棒や歯ブラシなどで叩くように馴染ませてみてください。それでもシミ汚れが落ちない場合は、無理に擦ったりせずにクリーニングにお出しください。

シミは時間が経過するほど落ちにくくなりますので、いずれの方法もできるだけ早く行うようにしてください。

保管方法

カットソーは、ハンガーにかけて保管すると型崩れの原因になります。伸びやすい素材なので、必ずたたんだ状態で保管するようにしてください。