M-47パンツとは?どんどん注目の集まるフランス軍の M-47パンツ紹介!前期後期の違いやこだわりのディティールを紹介!

そもそも《M-47》とは何か?

軍モノの中でも「名作」とも言われる普遍的な魅力を持つフレンチカーゴパンツ「M-47」のその魅力について説明していきます。

まず初めにM-47を知らない方もいると思うので、そこから話をしていきます。M-47とは名前の通り1947年にフランスで生まれたミリタリーフィールドカーゴパンツ。カーゴパンツとはその名前の通り、貨物船で作業する人達の間で使われるようになったワークパンツ(CARGO=貨物)。厚く丈夫な生地と、腰をかがめた時にも物の出し入れがしやすい左右の大きなフラップポケットが特徴的なパンツですが、1940年代頃からミリタリーアイテムとして採用され始め、総称して カーゴパンツ という名称で呼ばれるようになり、現代に至ります。元々、カーゴパンツのベースになったと言われているのは、1942年にアメリカ軍で採用されたM-42パラトルーパーパンツになります。現在数多くのブランドが、M47をデザインソースとしてパンツを作っていますが、その中でも必ずと言ってもいいほど出てくるのはマルタン・マルジェラですね。マルジェラが、アーティザナルのランウェイでM47を裏返しで履かせたという話は、あまりにも有名です。

M-47の前期と後期型とは?

このM-47モデルは制作時期によって前期と後期に分かれます。前期は1940年代から1950年代で、後期は1960年代以降と言われており、シルエット、生地、ディティールに大きな違いがあるので簡単に見分ける事が出来ます。

M-47前期モデルの特徴

1940年代~1950年代に生産されたモデル。特徴は生地が厚めのコットンツイルで太めなストレートなシルエット、フロントのウエストボタンは縦に2つでメタルやアルミの素材を使用、色味は少しベージュっぽい色味をしている所になります。

出典:https://fashion-bu.com/

M-47前期モデルの特徴

 

前期に対して後期は、やや薄めなヘリンボーンで裾に向かって少し細くなるテーパードシルエット、フロントは1つボタンでプラスチックが多く簡素化した仕様になっています。また色味がカーキグリーンになります。

blank

左側が前期、右側が後期になります。ボタンの数の違いがわかると思います。

blank

ポケットにはボタンが4つ付けられています。予備の為と、ポケットが膨らんでもボタンを付けられる様にする為と考えられます。

blank

股部分の内側には補強用に当て布があります。

オランダ軍放出のワイドシルエットフィールドカーゴパンツ!

どんどん人気の高まるM-47、是非見つけたら挑戦してみてください!またFERANTRACINGではM-47を着て他の方と被るのが嫌な方や違いを出したい方におすすめのミリタリーパンツを用意しています。オランダ軍オランダ軍放出のワイドシルエットフィールドパンツ。味のあるコットンバックサテンの生地感が魅力の1本です。生地を2レイヤーにして仕立てられていてかなり丈夫な作りになっています。フラップ付きのバックポケットと両サイドにはかなり大きめのカーゴポケットを配置し収納力のあるデザイン。ウエストは両サイドのアジャスターで調整可能です。裾はロールアップしてストラップで留めることができ、クロップドスタイルも楽しめるアイテムです。

ニュースレターへ登録

ニュースレター登録をして頂きますと
最新のファッショントレンド情報や
新商品の情報などがリアルタイムで
受け取ると事が出来ます。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です