注目の集まるメキシカンパーカーとは?通称《メキパ》そのデザインと歴史を解説!

今年の秋冬の注目アイテム《メキシカンパーカー》についてその歴史背景や特徴について説明していきます。

メキシカンパーカーとサブカルチャー?

メキシカンパーカーといえば、ドラッグカルチャー、ヒッピーやサーフ文化の象徴的はアイテム、日本にはそうした西海岸カルチャーに欠かせない服の1つとしてアメリカから上陸を果たしました。この様にカウンターカルチャーの要素が強いので、アメリカでのメキシカンパーカーのイメージは映画でよく見るように不良キャラのイメージが少し昔まで強かったようですが、大麻文化がどんどんメインストリームの文化に溶け込み、複数の州が大麻の合法化に成功した今、メキシカンパーカはさらに幅広く受け入れられているようです。

メキシカンパーカーの発祥

もとを辿ると1930年代、サーファーたちがメキシコの“バハ・カリフォルニア”にたどり着き、そこで見た伝統生地を使ったセラーピブランケットと呼ばれる服にひと目惚れ。その服を海上がりに気楽に着られる服としてカリフォルニアに持ち帰り、それが60年代後半から70年代にかけて盛り上がったヒッピー文化に浸透しました。

メキシカンパーカーとファッションブランド

その後も『ステューシー』などが手掛けたことでストリートシーンでも存在感を放ちます。メキシカンパーカーの『自由』の哲学はステューシー(Stüssy)の影響もあり、ハイファッションの世界にも受け継がれた。ステューシーは80年代から、ポケットがひとつ付いたロゴ入りのメキシカンパーカを展開。さらに新しい、より高級市場向けのニューヨークのブランド、バハ・イースト(Baja East)は、独自のリラックス感を打ち出した高級品を販売。ランウェイでは、アレキサンダー・ワン (Alexander Wang) など注目のデザイナーたちが洗練されたメキシカンパーカを発表。ハイエンドなファッションブランドまでその人気が浸透しています。今年は人気の高まりと共に各セレクトショップにてメキシカンパーカーデザインの商品の取り扱いが急増!特に人気の高まりの強さを見せています。

メキシカンパーカー

どんどん注目の集まるメキシカンパーカー、FERANTRACINGでもメキシカンパーカーの取り扱いをしておりますのでこの機会にぜひ注目してみて下さい!