ADIDAS(アディダス)年代別のタグの特徴をまとめ!各デザインの違いを解説!

人気の高まるアディダスのタグを年代別に特集!

どんどん人気の高まるアディダスのタグの特徴を60年代から現在まで年代別まとめ!古着屋で見かける事が多いアディダス商品!これを参考に商品の生産された年代を見分ける事が出来ます!古着屋ではぜひこういった点も合わせて見てみてください!また以下のリンクより当店オンラインショップの商品をご確認頂けます!

FERANTRACING全商品を見る

60年代のアディダス

この時期のタグには、ロゴマークなどは特になく、非常にシンプルなデザインとなっています。また、商標登録を表す®️マーク(レジスターマーク)が無いものに関しては、あるものに比べ古い時期に製造されているため、かなり希少です!この年代の多くの製品は、アディダス創業者のアドルフ・ダスラーが出身の西ドイツ、また隣国のオーストリアにて製造されています。トラックジャケット等で60年代の商品はかなりプレミアがついていますので、状態のいいものを見つけたら買いです!

60年代後半から70年代前半

地球の形をした「ワールドマーク」は、60年代後半から70年代前半という、ごくわずかな短い期間で使用されていたため、非常に人気で希少なモデルとなっています!

FERANTRACING全商品を見る

70年代のアディダス

この時期から、有名な3枚の葉を模した「トレフォイル」マークがデザインされたタグが流通し始めました。現在でも見ることのできるロゴですが、この年代の特徴として3枚の葉の間隔が少し離れている、という違いが挙げられます!また、「トレフォイル」というのはドイツ語で「三枚の葉」を意味し、古代ギリシア時代の月桂樹をモチーフにデザインされています。

70年代から80年代

この70年代から80年代にかけて、タグにATPという表記が記載されている場合がありますが、これは「Association of Tennis Professionals」の略称で、男子プロテニス協会を意味しています。

アディダスは、この時期にかけて協会のオフィシャルサプライヤーとして活動していたため、タグにもこの表記が記載されていました!

また、このタグは非常に人気なものとなっているので、是非1着ゲットしてみて下さいね!

FERANTRACING全商品を見る

80年代(前半)のアディダス

この時期では、先ほど紹介した「トレフォイル」上の線が一本だけ繋がっている点に特徴があります!

また、この時期にカリフォルニアにも生産拠点ができたことから、MADE IN U.S.Aのものが多く生産されています!

80年代(後半)のアディダス

80年代も後半になると、トレフォイルの横線が2本繋がっているデザインがよく見れれるようになりました。

また、特徴的なデザインとして、世界各国の国旗が刺繍された、通称「万国旗タグ」が使用され始めました。

刺繍されている国旗は、各国のサイズ表記を記載する為にデザインされたりと様々ですが、目を引くデザインがとても魅力的ですよね!

90年代のアディダス

この時期には、これまで紹介してきた「トレフォイル」のほかに、現在でも多くの人に親しまれている山型のロゴデザインである、通称「パフォーマンスロゴ」が登場しました。

デザインには、アディダスの代名詞であるスリーストライプがモチーフとなっています!

また、90年代からはタイや台湾などで製造されたものが多く流通しているため、アジア製は比較的最近のもの、と言われています。

2000年代から現在のアディダス

現在では、先に紹介した「トレフォイルロゴ」と「パフォーマンスロゴ」のどちらのロゴも見ることができますが、主に前者はストリートファッションラインに、後者は「パフォーマンスロゴ」はアディダスのスポーツウェアラインに使用されることで区別されています!

FERANTRACING ONLINE SHOP

東京・高円寺駅より徒歩7分にあります古着屋FERANTRACING/フェラントレーシングのブログをご覧頂きましてありがとうございます!当店でも60年代から現行までのアディダス商品やその他選りすぐりのヴィンテージ・ユーズドアイテム取り扱いしております!ぜひホームページや店頭チェックしてみて下さい!

≪ 店舗情報 ≫
店舗名:FERANTRACING/古着屋
最寄り駅:JR高円寺駅(徒歩7分)
住所:東京都中野区大和町1-30-7
営業時間等はこちらのトップページをご確認お願い致します。

FERANTRACING全商品を見る
アディダス商品をチェック
おすすめ商品
商品を探す
お気に入り
閲覧履歴