NIKE(ナイキ)の年代別タグ特徴まとめ!各デザインの違いを解説!

ナイキのタグを年代別に特集!

こちらの記事ではNIKEは70年代から現在までのナイキのタグの特徴を年代別に解説!これを見れば古着屋で見かける事の多いナイキ商品の年代を見分ける事が出来ます!

70年代初期~中期のナイキのタグ

この時代のNIKEタグは、鮮やかな赤色を基調とした風車マークが特徴的です。この風車マークは、NIKEの初期のアイデンティティを象徴するデザインとなっています。製品の裏側には「BRS.INC」という文字が掲載されており、ブランドの起源や歴史を感じることができます。この時期のタグは、ブランドがまだ発展途上であったため、シンプルで直感的なデザインが主流でした。

70年代初期から中期のナイキのタグ

この時代のNIKEタグは、独特の筆記体で「NIKE」という文字がデザインされています。この筆記体は、ブランドの高級感や洗練されたイメージを強調しています。また、裏面には製品の製造元や特定の番号が刻印され、それぞれの製品の起源や背景を示す情報として機能しています。このデザインは、ブランドのアイデンティティを強化するとともに、消費者に対して信頼感を醸成する役割を果たしています。

80年代のナイキのタグ

鮮やかなオレンジ色を基調としたタグが特徴的です。この時代のタグは、ブランドのエネルギーと活気を象徴しており、その存在感が際立っています。ロゴの右下やスウォッシュの左上にはⓇ(レジスターマーク)が追加され、ブランドの商標としての認知度が向上しました。また、製品の裏面には製造国や品質に関する情報が詳細に記載されており、消費者に安心感を提供するとともに、ブランドの品質へのコミットメントを示しています。

80年代のナイキのタグ

鮮やかなオレンジ色を基調としたタグが特徴的です。この時代のタグは、ブランドのエネルギーと活気を象徴しており、その存在感が際立っています。ロゴの右下やスウォッシュの左上にはⓇ(レジスターマーク)が追加され、ブランドの商標としての認知度が向上しました。また、製品の裏面には製造国や品質に関する情報が詳細に記載されており、消費者に安心感を提供するとともに、ブランドの品質へのコミットメントを示しています。

80年代後期から90年代初期

深みのある紺色を基調としたタグが特徴です。この時代のタグは、シンプルで洗練されたデザインが中心となりました。ロゴやスウォッシュのデザインは、ブランドのアイデンティティを継承しつつ、モダンな要素を取り入れた形状となっています。製品の裏面には、製造国や品質に関する情報が詳細に記載されている。

90年代のナイキのタグ

1990年代、NIKEはそのタグデザインに再び新しい風を吹き込み、特に「銀タグ」として知られるデザインを発表しました。この時期の銀タグは、その名の通り銀色を基調とした独特の輝きを放っていました。この銀色の選択は、高級感とモダンなイメージを一体化させることを目指してのものでした。

銀タグの最も顕著な特徴の一つは、その材質と仕上げの質感です。銀色に輝く表面は、光の当たり方によって微妙に変化し、NIKEの製品に上質な輝きと存在感をもたらしていました。この高級感ある材質は、ブランドのプレミアムなイメージを強化し、消費者に対する製品の価値を高める役割を果たしました

90年代から2000年代のナイキのタグ

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、NIKEは新たなタグデザイン、通称「白タグ」を導入しました。この時期のタグは、その名の通り、白を基調としたシンプルなデザインを持っていますが、そのシンプルさの中にもブランドの高級感とモダンなイメージが込められていました。

白タグの最大の特徴は、先代の紺タグやオレンジタグのような鮮やかな色彩から一転、モノクロの色合いが主流となったことです。この色の変更は、ブランドの新しい方向性やファッションのトレンドとの一致を図るものでした。1990年代から2000年代初頭にかけて、ファッションやスポーツウェアのシーンでは、モノトーンやミニマルなデザインが流行し、それに合わせてNIKEもタグのデザインを一新しました。

2000年代から現在のナイキのタグ

2000年代に入ると、NIKEは再びタグデザインの刷新を迎えました。この時期の「現行タグ」は、ブランドの進化と共に、製品の多様性やグローバルな存在感を象徴するデザインとして設計されました。

まず、現行タグの最も目立つ特徴は、そのシンプルさと機能性の絶妙なバランスです。デザインは非常に洗練されており、余分な装飾や装飾を排除して、ブランド名「NIKE」の文字を大きく、そしてクリアに表示しています。文字のフォントはモダンで読みやすく、一目でNIKEのブランド性と品質を伝えるデザインとなっています。

さらに、現行タグには製品の詳細情報やサイズ、製造国などの情報もしっかりと記載されています。これにより、消費者は製品の特性や品質を簡単に確認することができ、購入の際の信頼性が高まります。

色調に関しても、現行タグはブランドのアイデンティティを強調するものとなっています。多くの場合、タグはブラックまたはダークグレーの背景に白い文字で「NIKE」がプリントされています。このモノクロの配色は、シンプルさと高級感を同時に伝え、さまざまな製品ラインやスタイルに対応する万能なデザインとなっています。

まとめ

、スニーカーやアパレル、さらにはアクセサリーまで、多岐にわたる製品を提供する世界的なブランドとして知られています。しかし、そのブランドの成長とともに、その製品のタグのデザインも進化し続けてきました。タグは、一見するだけでその製品が正真正銘のNIKEであることを示す重要な要素です。この記事では、NIKEのタグが時代とともにどのように変化してきたのか、その歴史を辿りながら深掘りしていきます。

1970年代初頭のNIKEのタグは、鮮やかな赤の風車マークが特徴的でした。この風車は、当時のブランドのシンボルとして広く知られていました。裏面には「BRS.INC」という文字が刻まれ、その起源や歴史を象徴していました。時代が進むにつれ、色彩の変化やデザインの洗練が見られ、1980年代前半には風車のデザインがさらに進化。色鮮やかで独特のデザインが人々を魅了しました。

しかし、ブランドがさらに拡大し、多様な製品ラインナップが増える中で、NIKEはそのタグのデザインも変えていくこととなります。特に、1980年代後半から1990年代初頭にかけての深みのある紺色のタグは、ブランドのモダンで洗練されたイメージを強調するものとして採用されました。この紺色のタグは、シンプルでありながらもブランドのアイデンティティをしっかりと継承している点で、多くのファンから支持を受けました。

さらに、1980年代には活気あるオレンジ色のタグも登場。これは、ブランドのエネルギーや情熱を象徴するものとして、一時期のブームとなりました。商標の認知度向上や、製品の品質情報の詳細化にも貢献しました。

結論として、NIKEのタグのデザインは、そのブランドの成長とともに変遷してきました。それぞれの時代に合わせたデザインの変更や、新しい色彩の導入は、ブランドの価値や哲学を反映するものであり、多くの消費者にとっても特別な存在となっています。

FERANTRACING ONLINE SHOP

東京・高円寺駅より徒歩7分にあります古着屋FERANTRACING/フェラントレーシングのブログをご覧頂きましてありがとうございます!当店でもNIKE商品やその他選りすぐりのヴィンテージ・ユーズドアイテム取り扱いしております!ぜひホームページや店頭チェックしてみて下さい!

≪ 店舗情報 ≫
店舗名:FERANTRACING/古着屋
最寄り駅:JR高円寺駅(徒歩7分)
住所:東京都中野区大和町1-30-7
営業時間等はこちらのトップページをご確認お願い致します。

FERANTRACINGのINSTAGRAMを見る
FERANTRACINGのINSTAGRAMを見る
おすすめ商品
商品を探す
お気に入り
閲覧履歴