PUMA(プーマ)の歴史とは?ファッションブランドPUMAの歴史を各年代ごとに解説!

1920年代/ベンチャーとしてのPUMA創業時

1924年(ドイツ)ルドルフ・ダスラー(兄)とアドルフ・ダスラー(弟)が「ダスラー兄弟製靴工場」を設立。兄弟は、ヘルツォーゲンアウラハで靴職人として働く父クリストフと小さな洗濯屋を営む母パウリーナの元に生まれた。1924年、ルドルフは弟アドルフ・ダスラーが設立した製靴工場に参加するためヘルツォーゲンアウラハに帰った。彼らは新しい事業を行うにあたってPUMAの前身であるダスラー兄弟製靴工場(Gebrüder Dassler Schuhfabrik)という名前を付けた。ルドルフは販売担当、アドルフは生産担当をし、兄弟は母親が使っていた洗濯室でこのベンチャーを開始した。当時、町の電力供給は不安定なもので、兄弟はしばしば据え付け自転車のペダルを漕いで機材を動かしていた。

出典:nikkei.com

1930年代/PUMAの飛躍ベルリンオリンピック

アディはスーツケース一杯のスパイクを携えて1936年夏季オリンピックが開催されるベルリンに向かい、オーエンスはこの大会で4つの金メダルを獲得する事になるアメリカ合衆国の短距離走者ジェシー・オーエンスを口説いた。効果は絶大で事業は波に乗り、ダスラー兄弟は第二次世界大戦前に年間20万足の靴を販売していた。

出典:nikkei.com

1940年代/社名をプーマに変更

兄弟二人で歩んできたが、兄弟は1948年4月に袂を分かつ事になる1948年(ドイツ)ルドルフ・ダスラーがヘルツォーゲンアウラハにルーダを設立。数ヵ月後にプーマ・シューファブリーク・ルドルフ・ダスラー (Puma Schuhfabrik Rudolf Dassler) に社名を変更。アドルフは社名に自身の愛称(Adi)と苗字の最初の3文字(Das)を合わせてアディダスという名前を付けた。プーマ初となるサッカーシューズ”アトム”を発売。1948年、第二次世界大戦後最初のサッカー西ドイツ代表の試合では、戦後最初のゴールを決めたヘルベルト・ブルデンスキを含む複数人の選手がプーマのスパイクを履いた。4年後の1952年ヘルシンキ夏季オリンピックでは、1500メートル走でルクセンブルクのヨジー・バーテルがプーマを履いて金メダルを獲得する最初の選手になった。

1950年代/PUMAの快挙

1954年プーマのスパイクを履いたハインツ・フュッテラーが男子100mの世界タイ記録を樹立。1958年フォームストライプ(フォームストリップ)の発表。

60年代/PUMA世界進出

1960年代になると、自社製シューズを履いてもらうためにスポーツシューズメーカーがアスリートに金銭を支払うことが常態化し、オリンピックの開催時期にはプーマのアルミン・ダスラー(ルドルフの息子)と彼のいとこにあたるアディダスのホルスト・ダスラー(アディの息子)が宿泊するホテルの部屋の前には、報酬を受け取ろうとするオリンピック選手たちの列ができたという。1960年ローマオリンピックの開催。プーマのスパイクを履いたアルミン・ハリーが男子100mで金メダルを獲得。1961年(オーストリア)アルミン・ダスラーがザルツブルグにプーマ墺を設立。1964年(アメリカ)ベコンタ(BECONTA)と販売代理店契約。1960年代中期(フランス)ゲルト・ダスラーがスフレンハイムにプーマ仏を設立。1966年7月ワールドカップ・イングランド大会の開催。プーマのサッカーシューズを履いたエウゼビオが大会得点王となる。

1970年代/ルドルフ・ダスラー死去

1974年10月、創業者のルドルフ・ダスラーが死去。ルドルフの遺言状には、プーマの所有権は次男ゲルトに相続すると書かれていたが、法律上は遺言状より合資会社(KG)の定款が優先されるため、実際は長男アルミンがプーマ株式の6割、ゲルトが株式4割とその他の遺産を相続することになった。新CEOに就任したアルミンのもとプーマはその後約10年で売上を5倍に伸ばした。またプーマの中で最もアイコニックなスニーカーである「プーマ スエード」が誕生する。1970年5月ワールドカップ・メキシコ大会の開催。プーマのサッカーシューズを履いたペレの大活躍でブラジルが優勝。翌年プーマとエンドースメント契約。1971年(日本)リーベルマン・ウェルシュリーと販売代理店契約。1974年アルミン・ダスラーがプーマ独のトップへ。1974年10月ルドルフ・ダスラー没。1976年S.P.A.ハイヒールソールの開発。1978年6月ワールドカップ・アルゼンチン大会の開催。プーマのサッカーシューズを履いたマリオ・ケンペスが大会得点王となる。1979年(アメリカ)ベコンタ(BECONTA)との契約終了。

出典:https://www.fashion-press.net/

1979年頃に旧ユーゴスラビアで生産された「プーマ スエード」

1980年代

1980年代には、ニューヨークのブレイクダンサーやヒップホップカルチャーの要素を取り込んだ映画『BEAT STREET』の出演者がこぞって「プーマ スエード」を着用していたことから、ストリートシーンで愛用されるようになる。
1985年ウィンブルドン選手権の開催。プーマのラケット、テニスシューズを使用したボリス・ベッカーが4大大会で初優勝する。(17歳7ヶ月の最年少優勝記録)1986年7月(ドイツ)プーマがフランクフルト証券取引所に上場。1989年5月コサリーベルマンがプーマの株式72%を取得。1989年トライノミックの開発。

出典:https://www.fashion-press.net/

1980年代中期に生産された「プーマ スエード」旧ユーゴスラビアで作られた最後のモデルとなった

1990年代

その後1990年代前半になると、アメリカのストリートシーンで人気が出たことをきっかけに「プーマ スエード」の評判は海を越え世界へと広がる。当時のロンドンやニューヨークの音楽シーンでの支持などを得て、更に「プーマ スエード」は人気スニーカーとしての地位を固めていくこととなった。1990年10月アルミン・ダスラー没。1991年ディスクシステムの発表。1994年セル(CELL)の発表。1998年ジルサンダーとのコラボレーションを発表。1998年モータースポーツ分野に参入。

2000年代~現代

1990年代序盤に発表した「ディスクブレイズ」は、シューレースの代わりにダイヤルを回してフィット感を調節するプーマ独自のシステム“ディスクシステム”を搭載。1990年中期に日本で起こった“ハイテクスニーカーブーム”において存在感を放った。2000年クリスティ・ターリントンと共同で、ヨガライフスタイルブランド「ヌアラ」を開始。2003年2月(日本)プーマ・ジャパンの設立。2003年3月(日本)コサリーベルマンとの契約終了。2003年ミハラヤスヒロと共同で、「PUMA by MIHARA YASUHIRO」を開始。2006年アレキサンダー・マックイーンと共同で、「PUMA BY ALEXANDER MCQUEEN」を開始。2007年仏PPRがプーマを買収。

FERANTRACING ONLINE SHOP

東京・高円寺駅より徒歩7分にあります古着屋FERANTRACING/フェラントレーシングのブログをご覧頂きましてありがとうございます!当店では選りすぐりのヴィンテージ・ユーズドアイテム取り扱いしております!ぜひホームページや店頭チェックしてみて下さい!

≪ 店舗情報 ≫
店舗名:FERANTRACING/古着屋
最寄り駅:JR高円寺駅(徒歩7分)
住所:東京都中野区大和町1-30-7
営業時間等はこちらのトップページをご確認お願い致します。

FERANTRACINGのINSTAGRAMを見る
FERANTRACINGのINSTAGRAMを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ商品
商品を探す
お気に入り
閲覧履歴